検索エンジン適正化

 ホームページ制作会社のページでは必ずSEO(Search Engine Optimization)についての記載があります。GoogleやYahooの検索エンジンで上位に載らなければ、せっかく制作したホームページも大勢の方に見てもらうことが出来ません。したがってとても重要なことです。
 全文検索型サーチエンジンでは、ホームページの内容をサーチエンジン側のデータベースに保存しています。皆様がキーワードを入力し検索をかけると、データベースを検索しその検索結果を表示します。
 検索ロボットはデータベースに収録されていない新しいホームページや更新されたホームページを見つけ出して、結果をデータベースに反映させ、検索サーチエンジンは総合的に表示順位を決めています。
 つまり、検索サーチエンジンで上位に表示してもらえるようなホームページを作る必要があるわけです。ユーカリ考房では、サーバやPCに理解しやすい最新技術であるHTML5+CSS3で記述を行い、かつレスポンシブWEBデザインで表現することにより、効果的なSEOが発揮できるよう、最善の手法でホームページを構築しております。

HTML5+CSS3

 ユーカリ考房ではHTML5+CSS3+レスポンシブWEBデザインでSEO効果を高めます。TitleやDescriptionへの記述における設定で検索エンジンへの視認性を高めます。
 正しいソースの記述が良い結果をもたらす最大の方法だと思います。

Search Console

 GoogleのSearch ConsoleはGoogleの検索サービスによるサイトのパフォーマンスを確認できる唯一のツールです。Search Consoleに登録して、Sitemap.xmlを埋め込み、Google検索エンジンへの視認性を高めることにより、検索サーチエンジンで上位に表示してもらえるようにします。検索キーワード情報を確認したり、サイトの問題点を知ることにより、サイトの欠陥を改善していきます。

PageSpeed Insights

GoogleのPageSpeed Insightsを利用して、CSSなどのファイルのミニファイ化を図り、ページの読み込み速度を早くします。

Analytics

 Googleのレポートを分析して、パフォーマンスの分析ができます。Search Consoleに関連付けが出来ます。

MEO対策

 Google検索をすると、そのkeywordsに関連した場所がGoogle Mapで表示されます。これはマイビジネスに登録することにより、誰でも簡単に表示させることが出来ます。ユーカリ考房はこの手続きを代行いたします。このMEO対策により、会社の名前、住所、電話番号、URLなどを表示させることが可能になり、大きな宣伝効果を生み、同時にSEO対策にもなります。

その他

 GoogleのAdwordsなどを利用したサーチエンジンマーケティング(SEM)も必要に応じ活用します。その他、BlogやTwitter・Facebookなどを利用したサイテーション対策を有効に施します。